<< 金木犀香る坂道 | main | 瞬間だけ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
shaped
君の作ったイデアが 世界に現れたというニュースが流れる
おめでとう 本当におめでとう
その耳に 生の声は届かないから
こんなところで叫ぶよ

あの頃僕らは密やかに手を繋いで
深い霧の中 二人きりで立っていた
君と僕は互いの学問を飽きることなく貪っていた
あの頃の僕らに 今実存する君に
恥じぬよう 生きていかねばならない
太陽の下 その手を取ることができなかったことに 後悔はない
遥か遠くにある 周期が重なる日を
心待ちにすることができるから

僕はここで歌う
君はそこで紡ぐ
いつか来るその日に
凛として 立っていますように




|- | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
|- | - | -









http://rythme.jugem.jp/trackback/233

double happiness
戯言ハイパー
*CALENDAR*
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

LINK
*PROFILE*